プロフィール

チーム名称

 生駒中央ボーイズ/MBC (旧称:生駒MBCボーイズ)

設立

 平成18年4月7日 (2006年)


主要練習場所

 草竹コンクリート工業株式会社さま 草竹体育場(奈良市平清水町)

 

 株式会社イトーキさま 穂谷総合グランド(枚方市穂谷)

 株式会社ミキハウスさま ミキハウススポーツスタジアム(伊賀市治田)


チーム沿革

 平成18年 4月 チーム設立

 平成19年 4月 財団法人日本少年野球奈良県支部に加盟

 平成23年10月 新組織「OB会・事務局」設立

 平成26年 4月 チーム名称を「生駒中央ボーイズ」に変更

 平成27年12月 「生駒中央ボーイズ10周年記念式典」を開催

 平成28年 7月 チーム初の海外遠征(アメリカ コロラド州)を実施

 

その他

 チーム道具車

 チーム遠征用バス

 バッティングマシン ・ バッティング練習

 

OB進学校

◆奈良県

 【公立】郡山高、西和清陵高、添上高、登美ヶ丘高、奈良北高、奈良工業高等専門学校、王寺工業高、奈良高、二階堂高、平城高、生駒高

     法隆寺国際高、朱雀高、高円高、大和広陵高、一条高、奈良情報商業高、奈良女子大付属高、五條高、桜井高

 

 【私立】天理高、関西中央高、奈良大付属高、西大和学園高、奈良育英高、智辯学園高

 

◆大阪府

  交野高、桜宮高、城東工科高、枚方津田高、桃山学院高、早稲田摂陵高、市岡高、大阪商業大学堺高、興国高、明星高、此花学院
   大阪商業大付属高、近畿大附属高 

 

◆京都府

  京都翔英高、龍谷大平安高、立命館宇治高、福知山成美高、京都成章高

 

◆滋賀県

  近江高

 

◆近畿圏外

  遊学館高(石川)、慶応義塾高(神奈川)、佐久長聖高(長野)、オイスカ高(静岡)、明桜高(秋田)、三重高(三重)、敦賀気比高(福井)

  八戸学院光星高(青森)、高知中央高(高知)


入部者出身チーム

◆奈良県

 秋篠スポーツ少年団、飛鳥紀寺スポーツ少年団、あすか野ファイターズ、安堵ベースボールクラブ、斑小ファイターズ、生駒クラブライオンズ

 生駒GKブロッカーズ、生駒ジュニアファイターズ、生駒ドラゴンズ、生駒東少年野球クラブ、生駒メッツベースボールクラブ

 壱分ジュニアシャインスターズ、西北ドリームズ(西大寺ドリームズ)、鹿ノ台バンビーズ、昭和少年野球部、城ケ丘エンゼルス

 青和ブルースターズ、大安寺アパッチライオンズ、俵口オーシャン、帝塚山スポーツ少年団、鳥見ゼブラーズ、奈良北ゴールデンカイト

 奈良ジュニアファイターズ、奈良チャレンジャーズ、奈良リトルリーグ、西奈良レガース、伏見南スポーツ少年団、平城スポーツ少年団

 平城ビッグベアーズ、平和レッドスワローズ、平群少年野球部、北和ベースボールクラブ、真弓パンサーズ、山陵クィーンズ、矢田イーグルス

 大和高田リトルリーグ

◆大阪府

 ジュニアライガース、新金岡ヤンチャーズ、吹田ニューヤング、菩提ファルコンズ、八尾フレンド

◆京都府

 いずみクラブ、田辺アルファー、リバティ少年野球クラブ

◆その他

 福島野田スポーツ少年団

                    (五十音順)


指導部方針

「野球の技術指導だけではなく、スポーツマンとして重要である、真摯な取組姿勢を教育する。」

  部員全員に公平なチャンスを与え、高校進学後も硬式野球を継続出来る、技術面、体力面と
 精神面を鍛錬するのと同時に、練習の際には、コーチ陣も部員と行動を共にし汗をかき、全てに
 おいて、チームプレーが重要である事を植え付ける。

  実戦練習については、連盟支部指定等公式戦だけではなく、代表、監督及びコーチ陣の豊富な
 人脈により、現在年間100試合以上のオープン戦を実施しています。この事より、部員の実戦経験
 を豊富にし、また、適度な緊張感を常に持つことにより、部員同士の競争心とやる気を持ち続ける
 指導を行っています。

  個々の選手の体力や技術レベルに応じた指導を常に心がけ、更に成長期に重要な食事面への
 フォローやコンディショニングの指導も併せて実施しています。
  ※管理栄養士による栄養指導も行っております。

 以上のほか、高校進学に向けての進路指導や、各種セレクション対応も適宜行っており、
 トータル的に「厳しくて優しい指導」を基本としています。